本文へ移動

リフォームコンテスト2016/2015年

-後 援-
国土交通省・経済産業省
(財)住宅リフォーム紛争処理支援センター
(社)インテリア産業協会・(財)住宅リフォーム推進協議会 他


日本住宅リフォーム産業協会[通称ジェルコ]は、
全国500社のリフォーム関連企業が加盟する国内最大の非営利法人の組織です。
当作品は、多数のコンテスト募集作品の中から選ばれました。

2016年度受賞 [全国大会3賞・九州大会4賞]

- fiscal year 2016 Design contest -
『今までとこれからの思い出』
都城市N様邸 担当:福岡
築40年の家だが杉の床材とシラス壁に、ステンドガラスとガラスブロックの組み合わせが、わびさびの中の粋を感じさせる。側面の間接壁照明で自然光不足の部屋の光をうまく日常的に補いそれが空間の深みを作り出していることを評価した。
After
After
Before
Before
After
- fiscal year 2016 Design contest -
『受け継ぐ思い出』
都城市N様邸 担当:福岡
気持ちのよい内部空間。開放的な窓から見える立派な庭も内外貫通する広がりを感じさせる。最も評価できるポイントは、2本の添え柱の耐震補強感が、つい見過ごしてしまうほど消されている点である。リビングの大きさも計算してのことだろうが、このデザインは真似したくなるほどきれい。
After
After
Before
Before
After
- fiscal year 2016 Design contest -
『自然と共生する住まいへ』
都城市M様邸 担当:柚木
以前の小さめのLDから和室をつなげることで、LDK一体として一番素敵なお庭を満喫できる開放的な空間となりましたね。暖炉や梁、アクセントとなる壁面や照明(加えて配置されている家具など)も含めて、とても良い空気感のあるLDK。インテリアとして選ばれたものの色彩・形・素材のバランスもよく、とてもグレードの高いインテリアの選び方だと感じます。
画像からはリビングスペースも広がったもののそう広くはないけれど、開放的な窓から続くウッドデッキが広がりを出していて、暖炉周りの構成や、ダイニングとリビングのそれぞれの造作のデザインの美しさ、ライティングも上手です。相当にデザイン力のある人がかかわっている事は間違いない。対費用効果も優れている。プレゼンテーションも手馴れている。
After
After
After
Before
Before
- fiscal year 2016 Design contest -
『家族のカタチ』
都城市M様邸 担当:阿久根
とても上手なプランニングですね。インナーテラスにつながる家事室もあり、お客様の希望する書斎や子供室なども上手にスペース配分されています。また造作家具のご提案も上手い。空間に似合うTVボードやちょっとしたスペースに棚やデスクを設けたり、組み合わせられたチェアーやライティング・リビングの家具もこの空間の印象に素敵にマッチしています!
After
After
Before
Before
- fiscal year 2016 Design contest -
『お父さんの頃と同じ場所から学校へ
都城市S様邸 担当:阿久根
2世帯住宅化のプランニングに全く無理がなく効果的で、1階は水廻りも含めて全面的に手を入れていて、対費用効果が抜群である。ライフスタイルが一変してしまうほどのリニューアルで、住まい手のわくわくするほどの心情が伝わってくる。
After
After
Before
Before
- fiscal year 2016 Design contest -
『オウチ再生』
都城市B様邸 担当:阿久根
広さ、スペースさえもよく工夫された、とてもうまい配置やレイアウトの取り方だと思います。また造作のちょっとしたデスクや収納・TVボードのご提案も上手いですね。見違えるほどきれいに明るくなった素敵な空間です。
After
After
Before
Before
- fiscal year 2016 Design contest -
『家具屋さんの家』
都城市K様邸 担当:福岡
After
After
Before

2015年度受賞

- fiscal year 2015 Design contest -
『新たなくつろぎが生まれ、時が刻まれる』
曽於市M様邸 担当:田中
長期優良住宅リフォーム事業のS基準に適合させながら、プラン、デザインとのバランスが良く、総合的な完成度が高い。自然光が柔らかく広がる内部や、大きく張り出したデッキの風情は、自然で落ち着きがある。木の素材感もけれん味がない。内外の空間には流れるような一体感があり、気持ち良さそうである。写真ではよくわからないが、庭の手入れが進めば、もっと魅力的になるのではないか。住んでみたいと思わせる佳品。
 今まで別々に過ごしていた時間の過ごし方を出来るだけ崩さずに過ごせ、家族が必ず顔を合わせられる空間造り。たっぷり光が差し込むリビング。飾り床のコーナーに、デスクの天板となる一枚板をセット出来るように横格子を取付、必要時はご主人のパソコンスペースにもなるデザインと機能性のある設計にしました。照明器具の電球色と昼光色を使い分け落ち着いた空間と明るさが必要な空間と分けた。

2014年 国交省長期優良住宅化リフォーム推進事業S基準適合住宅◆
After
After
Before
Before
After
- fiscal year 2015 Design contest -
『四季の暮らしを楽しむ』
担当:阿久根
Before 外観
After 冬の外観
After 春の外観
株式会社松元建設
〒885-0016
宮崎県都城市早水町21-11-2
TEL.0120-84-4981
FAX.0986-26-7327
TOPへ戻る